テーマ:東日本大震災

yunさんの後追い ・ 風の子守歌~あしたの君へ~

今朝アップされたyunさんは震災から3年経ちましたとの記事でした。 それだけなら同じタイミングでワテも記事を書いていますが、ワテとは中身が全然違いました。 それは谷村新司&石井竜也の共作で生まれた楽曲についてでした。 二人が作ったが「風の子守歌~あしたの君へ~」 この楽曲が売れることはそれだけで、東北震災への…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

大震災から3年が経ちました・あの街に生まれて

2011年3月11日、東北地方を襲った大地震と大津波によって各地に大きな被害が出ました。 特に福島での被害は原発事故も重なって、家や田畑を失ってしまった人々は、故郷にも帰れず避難生活を余儀なくされています。 原発事故が起きたら解決方法すら見いだせなく、それでも各地の原発を再稼働をしようと焦っています。 人が住め…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

いい湯だね・・・最後の夜は温泉に浸かってNo5  酒よ

東北最後の夜は温泉に浸かって一杯やりたいものです。 一行は大船渡から花巻南温泉に向かいました。 紅葉が少しは進んでいればいいのだが、果たしてどうなるでしょうか。 今年は異常気象のせいで、少し紅葉が遅れています。 ホテルに到着すればやっぱり温泉です。 食事までに1時間半ほどあったので、ゆっくり入れるなあと…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

碁石海岸は今・・・No4  誰もいない海

囲碁に使う碁石ってご存知でしょうか。 黒と白い石を使って陣取りゲームと書けば、囲碁ファンに怒られるかなあ 碁石海岸はその碁石が取れる海岸です。 波打ち際に行くと小さくて丸い石がゴロゴロしています。 手に取ってみると石の表面がつるつるして、赤ちゃんの肌のような感じ。 思わず頬ずりをしたくなるほどの感触です…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

仮設住宅を訪問 No3 明日と言う日を

今回の東北行には9人の仲間が参加しました。 それぞれ預かってきたカンパや支援物資を携えて、大船渡市にやってきました。 震災から2年7か月も経つと、支援物資も必要なんだろうかと思いますね。 震災直後はすべてのものを失っているので、着るものから台所用品、食糧などあらゆるものが被災地に届いています。 倉庫に…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

養殖業者さんを訪ねてNo2・・・おいしい話・・・津軽のふるさと

2012年の7月に大船渡市に行ったとき、牡蠣の養殖をされている新沼さんの作業現場で牡蠣の養殖のお手伝いをしました。 ホタテガイの殻に牡蠣の種がびっしりついているのを、間引きする作業でした。 間引き作業 一日かけて牡蠣の種を筏に吊るすための作業でした。 種を間引く者、牡蠣の殻のゴミ取り、小石を袋に詰めるもの、ロープ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

7度目の東北行になりました No1  見上げてごらん夜の星を

台風26号では関東を中心にして、大きな被害が発生しています。 被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。 2011年3月11日東日本大震災が発生して、今月で2年7ヶ月が過ぎました。 被害の大きさが連日テレビや新聞で報道されるのを見て、自分に出来る事は大したことは出来なくても何かお手伝いをしたいと思い、とにかく現地に行…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

二度あることは三度ある ・ 歌い直しました最期の川(youtube編)

一昨日歌い直しました。 前回は譜面に忠実に歌ったのですが、出来としては納得していませんでした。 そこで感情を少し抑え気味にして、三度歌ってみました。 今夜岩手県に出発します。 震災以降6度目の訪問ですが、今回は地元で支援物資を取り扱うため、岩手県の農漁業関係者と懇談を予定しています。 大きな取引をす…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

大船渡出身の新沼謙治が歌う ・ ふるさとは今もかわらない

先日テレビを見ていると新沼謙治さんが出ており、彼の周りには珍しく女子中学生たちがにこにこ歌っている。 彼が作詞作曲した「ふるさとは今もかわらない」と言う曲が素晴らしく、それが中学生の合唱曲としてCD化されて、今では全国の中学生の合唱部で歌われているとか。 放送を聴いているとなるほどなあ 合唱曲にピッタリの歌でした。 …
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more